TAG バッティング

フォームの壁の必要性と身体の軸について

よくピッチングでもバッティングでも指導で、「壁」という言葉が出てくることがあります。壁とはステップのときや体幹での回転運動の際に、体の開きを抑えるために前側の肩の後ろに壁があるように意識して開きを抑えるものです。

スイングのフォールスルーについて

大きなフォロースルーの感覚を身につけるために、長い棒を使った素振りが有効です。 長い棒の場合、腕や手首でバットを操作(下記参照)して軌道を変えることが難しいため、余計な動作が少なくなり、よりスムーズで自然な軌道のスイング…

流し打ちの仕方とコツについて解説

まず大事なことがテイクバックの時に体の内側にバットを入れないで下さい。そしてインパクトの瞬間はなるべく地面に対して平行もしくは1,2度バットヘッドを立てた状態をお勧めします。理由は右打者の場合外角を打った場合ライトのファ…

飛距離を伸ばす方法について

立ち方についてですが、後ろ足はつま先をやや内側にして立ち、体重移動はステップしてスイング始動とともに前足に移動して、前足を軸に回転するイメージです。スイングは右打者なら先に右腕を前腰の回転にあわせて始動させます。

腰の回転と下半身の使い方

バッティングの際、腰の回転が遅ければその分スイングスピードも減ってしまい力が分散してしまいます。腰を速く回転させるにはステップの動作など、下半身の動きについても非常に重要になります。

バットをリラックスして構える方法

力みの注意と対策のページでも解説しているとおり、野球のバッティングに限らずすべてのスポーツで重要なのはリラックスしていることといって過言ではないでしょう。リラックスすることはとても大事ですが、実際に構える時にどうやってリ…

力みの注意と対策

バッティング練習や実践でもしっかり腰の回転を活かして腕をしっかり振ってバッティングすることは大事です。しかし、とにかく力いっぱいスイングすることが正しいスイングというわけではありません。したがって、フルスイング=思いっき…

バットの種類とその特徴

バットには多くの種類がありますが、トップバランスとミドルバランスという重心の違いによる種類分けもできます。トップバランスのバットは長距離打者、ミドルバランスはアベレージバッタータイプにおすすめです。トップバランスは力が弱…

金属バットと木製バット/なぜ木製バットを使わないのか

金属バットは非常に飛びやすいので、あまりにも打者が有利になってしまうプロ野球や社会人野球での使用は禁止されています。物質としての反発係数が高いのに加え、加工性の高さがあります。さらに面を太く加工できますので、金属バットの…