TAG バッティング

スイングの際に肩や脇の開きを抑える矯正方法とは?

バッティングでは、脇や肩が開いてしまうと軸がぶれてしまい力が入らないので、打球に力が伝わりません。スイングの際にはインパクトの瞬間に、肘が伸び切らないように少しの”ゆとり”が必要です。しかし、つい打席で緊張して力が入って…

硬式野球と軟式野球での打撃技術

硬球は名前の通り硬いの対し軟球はゴムで中は空洞だから柔らかく、バットで打った瞬間のボールがつぶれが激しいのでボールにかかるスピンは硬球より激しいです。 それに対して硬球はボールのつぶれが軟球に比べて激しくないので、早打ち…

カットの重要性・コツを解説

アウトコース低めなどは見逃すとストライクを取られることもあり、打とうにも打ちづらいです。さらにストレートを待っていて変化球を投げられた場合も対応するためにも、どうしてもカットの技術が必要となります。 カットの簡単な仕方は…

フライとゴロを打ち分けよう/打ち方について

ヒットを打つにこしたことはないのですが、ケースによっては右方向へ打ったりフライやゴロも要求されます。特にヒットエンドランはゴロ、犠牲フライなんかはきちんと確実に外野へフライが打てなきゃ何の意味もありません。基本的にフライ…

ヒットエンドランについてとそのコツについて

投球と同時に走者が次の塁へスタートし、その投球を打者が打つ戦術。略して「エンドラン」とも言われる。ゴロを打つことが最低条件で、出来ればライト方向に打つほうが良い。 打者が打つことを前提に走者が走るのがヒットエンドランであ…

強い・速いスイングをするには/強い打球を打つには

強い打球を打てない理由にはスイングが鈍い、脇があいている、タイミングが合っていない、振り遅れているなど様々な要因がありますが・・・ 最大のパワーをボールに伝えるために、5つの大切なポイントがあります。

ミートポイントについて

高めのボールに比べて、低めのほうが眼とボールの距離は遠くなりますが、インパクトの瞬間の、眼と、両肘、グリップ、ボールの位置関係をできるだけ一定に近づけるように心がけることで、スイングが安定します。低めに対しては、前ひざを…

肘の使い方と手首の使い方

バッティングで大事なことは、どれだけ強い力をボールに与えることが出来るかにかかっています。強い衝撃であればあるほど、打ったボールの飛距離が伸び、ホームランという結果になります。強いパワーでボールを打ち返すためには、インパ…