TAG スイング

コース別のバッティング

真ん中ばかりなら打てるのは当たり前。でもモチロン内角・外角を中心に投手は投げてきます。そこで様々なコースを打つコツを解説します。

様々な投球への対応

このページでは、様々な投球に対する対応・バッティングの対策について解説しています。 お悩みの内容に合わせてお選びください。

各種スイングの修正方法

このページでは、様々なバッティングの悩みに対する改善方法について解説しています。 お悩みの内容に合わせてお選びください。

スイングの際に肩や脇の開きを抑える矯正方法とは?

バッティングでは、脇や肩が開いてしまうと軸がぶれてしまい力が入らないので、打球に力が伝わりません。スイングの際にはインパクトの瞬間に、肘が伸び切らないように少しの”ゆとり”が必要です。しかし、つい打席で緊張して力が入って…

強い・速いスイングをするには/強い打球を打つには

強い打球を打てない理由にはスイングが鈍い、脇があいている、タイミングが合っていない、振り遅れているなど様々な要因がありますが・・・ 最大のパワーをボールに伝えるために、5つの大切なポイントがあります。

スイングのフォールスルーについて

大きなフォロースルーの感覚を身につけるために、長い棒を使った素振りが有効です。 長い棒の場合、腕や手首でバットを操作(下記参照)して軌道を変えることが難しいため、余計な動作が少なくなり、よりスムーズで自然な軌道のスイング…

バットをリラックスして構える方法

力みの注意と対策のページでも解説しているとおり、野球のバッティングに限らずすべてのスポーツで重要なのはリラックスしていることといって過言ではないでしょう。リラックスすることはとても大事ですが、実際に構える時にどうやってリ…

力みの注意と対策

バッティング練習や実践でもしっかり腰の回転を活かして腕をしっかり振ってバッティングすることは大事です。しかし、とにかく力いっぱいスイングすることが正しいスイングというわけではありません。したがって、フルスイング=思いっき…

バットの種類とその特徴

バットには多くの種類がありますが、トップバランスとミドルバランスという重心の違いによる種類分けもできます。トップバランスのバットは長距離打者、ミドルバランスはアベレージバッタータイプにおすすめです。トップバランスは力が弱…

金属バットと木製バット/なぜ木製バットを使わないのか

金属バットは非常に飛びやすいので、あまりにも打者が有利になってしまうプロ野球や社会人野球での使用は禁止されています。物質としての反発係数が高いのに加え、加工性の高さがあります。さらに面を太く加工できますので、金属バットの…