ツイスト打法について解説

ツイスト打法の理論は引き戸を開ける時、腕を動かす方向とは逆に下半身が回転することから、このようにツイストさせる方が力が引き出せるというもの。「投手寄りの足をスイング方向と逆方向に絞り、それをきっかけに右半身を回して全身(上体ではない)の強い回転を起こす打法です。

普通のバッティングは腰を回転させ、上半身を回転させ、最後に腕が出てくるが、コレだと体が開きます。踏み込んだ足を踏ん張って、腰を回転させないようにして、腕が先に出るようにすると、バットのヘッドが速く走るようになり、インパクトのポイントも体の正面になり良いとされます。

一説ではバリー・ボンズ、小笠原、城島、阿部慎之介もツイスト打法とされ、一番の理想形(完成形)はイチローのバッティングと言われる。股関節を緩めた状態からは強い力と俊敏な動きはできない。たとえばバックスイングで腰を大きく回すと、右股関節が緩んだままですが、この状態からダウンスイングに入ると、右半身が開きながら前に突っ込んで、懐が狭くなってしまいます。「懐が狭い」ということは、腕やバットを加速させるスペースがないわけですから、インパクトでスピードが出ないのです。

また、体が開いてしまった状態から、懐を作って、なおかつバットをオンプレーンに戻すには、複雑な体の動きや手の操作が必要になり、これでは高速で向かってくるボールに対応できません。だったら最初から右股関節を締めておき、パワーポジションを作っておいてからスイングをスタートしようというのが、ファイターズの取り組みで、これはプロゴルファーのスイングとほぼ同じ体の使い方です。

ですがこの打法イマイチ信憑性が薄いようです・・・。

管理人イチオシ!7日間スラッガー養成プロジェクト

元西武ライオンズの黄金時代を支えた、二人のスラッガー、大塚光二と垣内哲也の両氏がホームランを連発できる打者になる為の練習方法を公開。飛距離アップと打率をグングン伸ばすことができる、その驚きのノウハウとは??

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!