一本足打法の構え方・打ち方について

もはや王貞治さんの代名詞ともいえる、投球フォームに合わせて、投手側の足を高く上げる打法です。別名フラミンゴ打法ともいわれ、ボールを手元まで引きつけたり、打つタイミングを取りやすくなるというメリットがある一方、下半身への負担が大きく、下半身の弱い選手は軸もぶれやすいため習得が難しいとされます。

その他一本足打法で有名な選手は、立浪元選手、高橋由伸選手、阿部選手、小久保裕紀選手らがいる。
足を上げることで体にタメができるため、ホームランバッターが多く、
打率においても高いアベレージを残しているという印象が強い。

q

一本足打法の特徴(メリットとデメリット)

一本足打法は足を高く上げることによって、ボールを手元まで引き付けたり、タイミングを取りやすいというのが大きなメリットです。一本足打法を採用する打者にはホームランバッターが多く、これは足を上げることにより体にタメを作ることができるためだと思われるます。しかし、変化球への迅速な対応や軸がぶれやすい為、スランプにも陥りやすく、 動作が大きくなるため、150km/hを超えるような速球や、手元で鋭く変化する球への対応が難しくなります。

上半身に頼らず、一本足の状態で体勢を崩さないことが必要であるため、強靭な下半身とバランス感覚が要求されます。一本足打法に挑戦する選手は多いが、下半身への負担が大きく、軸がぶれてフォームが安定しない可能性が高いことから、「どの打法よりも1番会得が難しい」という意見もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA