カウント別のバッティング

カウントを意識してバッティングができるようになると、試合でヒットの出る確率が格段に上がります。野球の基本は『初球は好球必打で打て!」です。

ピッチャーとしては初球はストライクがほしいものです。バッターとしては好球必打で積極的に打ちに行きましょう。普段からカウント別バッティングの意識をしましょう。

必見!ホームランバッター育成DVD

野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

0325header

7日間で飛距離がグングン伸びる「スラッガー養成プロジェクト」。飛距離がぐんぐん伸びるバッティング法、全身のパワーを無駄なくバットに伝えるグリップ方法など、多くの人々をスラッガーに成長させてきた、長年売れ続けているバッティング上達DVDです。ホームランバッターになりたい人、ホームランをお子様に打たせたいと思っている方にお勧めいたします。

西武黄金時代を支えたスラッガーが教える7日間スラッガー養成プロジェクト

練習方法としてはフリーバッティングの中でカウント別のバッティング練習を取り入れます。ただ打席に立ちストライクを打つのでなく、ノーストライクのバッティング、ワンストライクバッティング、ツーストライクのバッティングなど場面を想定してバッティングの練習をします。バッティングピッチャーも全部ストライクを投げるのではなく、わざとボール球を入れて投げます。外角、内角、高め、低めに外したボールを混ぜます。

コントロールが難しいときは、通常のマウンドよりも少しホームベースよりから投げます。これは選球眼を磨く効果もあります。ノーストライクの想定であれば、バッターはど真ん中の好球のみを狙い来たらスイング、ど真ん中以外は(ストライクでも)見送る練習をします。ツーストライク取られたら、好球はもちろんスイングですが、ストライク臭いボールはカット、ボールは見送るように指導します。この練習方法と取り入れるとバッティングが1段レベルアップします。

◆2ストライクからのバッティング

2ストライクに追い込まれたら、バットを指1本分短く握ってみてもいいでしょう。この握りだとバットのヘッドが下がりにくくなり、速いボールにも負けないスウィングができます。バットを長く持った時に比べて、バットコントロールが楽になり、バットの先が落ち、大振りをしにくくなります。もちろん練習中にもバットを短く持ちスウィングをし、その感覚を身に付けておくことが必要です。

また、2ストライクに追い込まれたら、「迷わない」「あわてない」こと。2ストライクを取られると「どうしよう?」と不安になる選手もいるでしょう。しかし、迷ったり、あわててバットを振っても良い結果が出るはずがありません。カウントがどうであっても、ストライクが来たら、思いきってスウィングをするだけです。そのことだけに集中して強気でバッティングができるようにしましょう。三振を怖がっていたらヒットは打てません。日頃のバッティング練習の中で、2ストライクを取られたことをイメージさせて、その中で思いきったスウィングができるように、素振りや実際のバッティング練習をさせるようにしましょう。

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!