スイッチヒッターについて

野球ではルール上途中で打席を変えることもできます。例えば、はじめ右打席に立った後、相手投手が1球投げてから、その後左打席に変えるといったことが可能です。野球では、投手の利き腕に対し逆の打席の方が一般に打者に有利とされるています。一般に身体の陰になって球の出所が見えにくいことから右対右、左対左は打者に不利とされています。

また、左対左に比べ右対右が強調されないのは、右投手とは対戦する機会が多いので自然に慣れていくからと説明されることが多いです。投手の利き腕に合わせて立ち居地を変えるスイッチヒッターがいます。このためスイッチヒッターは、投手が右投げの場合は左打席に、左投げの場合は右打席に立つことになります。

最近では足が速く力の弱い右打ちの選手が、出塁に有利な左打ちをするためスイッチヒッターに転向するケースがあります。しかし近年は右打ちから左打ちに転向する際には一度スイッチを経て、右打ちを捨てて左打者専門になるケースが増えてきており、スイッチヒッターが減少する傾向にあります。まれにですが。元々左打者であった選手が左投手に苦しんだために右打席も練習して、スイッチヒッターに転向するパターンもあります。

メジャーリーガーの中には、子供の時に親の指導などでスイッチに転向したというケースも多く、若いうちからスイッチヒッターに挑戦することも悪くはないと思います。ですが、単純に他人の2倍以上の努力が必要になるので、下手をすればどちらも物にならなくなることも起こりえるということは忘れないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA