動体視力の鍛え方について

野球ではかなり強い打球に反応したり、剛速球に対応しなければいけないときがあります。どうても動体視力が高いほうが有利になりがちです。動体視力の鍛え方としては、専門的なトレーニング方法から個人レベルでも実践可能な鍛え方までいろいろとありますし、最近はニンテンドーの人気ゲーム機であるDSでも【DS眼力トレーニング】というソフトが販売されており、ゲームを楽しみつつ【動体視力・瞬間視・眼球運動・周辺視野・眼と手の協応動作】を鍛えることができます。

また、インターネットの視力関連のサイトでも、動体視力の訓練や測定テストなどを無料のFlashゲームなどで体験することが可能なコンテンツを公開しているサイトがあるので、チェックがてらに試してみると面白いと思います。動体視力を鍛える方法として、毎日の生活の中で手軽に出来るトレーニングとしてはいろいろあります。

具体的には通勤や通学などで電車を利用している人であれば、対抗列車の窓の数を数えるとか、走っている車のナンバーを次々に見て覚えるなど、日常の中で少し工夫すれば実践可能です。ちなみにイチロー選手は中学生の頃、動体視力を鍛えるために走る車のナンバーを見て、なおかつナンバーの数を足していくといったことをしていたそうです。

家の中でもできる動体視力の鍛え方としては、速読を習得するという方法もあります。速読が上達することでスムーズな視点移動ができるようになり、視点移動の加速につながることで動体視力の強化にもなるというわけです。速読を習得するには、訓練するやり方や上達するコツに関するノウハウ本などが豊富に市販されているので、参考にされてみてはいかがでしょうか?また、ボールに文字を書いてそれを投げてもらい何が書いてあるかを読む、なんて練習もありますね。

動体視力を鍛えるフリーソフトやゲームといったものをネットで体感できるサイトを幾つか紹介しておきます。モニター画面を見続けることは視力低下に繋がる恐れもありますので、限界を超えるような無理をしない程度にテストしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA