イメージトレーニングをしよう

スポーツのトレーニングはなるべく実戦に近い形でやることが大切です。
しかし、多くの人は場所や時間が取れないため十分なトレーニングができないことがあるはずです。
このような時有効なのがイメージトレーニングです。

どうしても一日にできる練習量は限られてしまいます。 そこで、シャドーボクシングのように室内で鏡などの自分が写るものに向かってイメージトレーニングを行います。ボールが飛んでくることをイメージして、それに対してバットを振ります。

全力で振る必要はなく、むしろ、スウィングの軌跡が分かるようにゆっくり振ります。このようにして、自分の頭で描いた動作と実際の動作が一致しているかをチェックし、イメージ通り体が動くように訓練するのです。 体がイメージ通りに動くようになると、頭の中でバッティングのイメージを繰り返すだけで練習になります。

したがって、いつどんな時でもトレーニングが可能なのです。例えば、イチロー選手は前回の打席で打てなかったボールを何回もイメージすることにより、次の打席ではもうその球を打つスイングが獲得できるそうです。プロでもアマでも優秀な選手ほどイメージトレーニングは十分に行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA