手打ちの治し方・矯正方法

手打ちでは力強いスイングはできません。手打ちを直すにはとにかく腰の方を早く回して腕が遅く出てくれば良いのです。手の力が強いのでなく、腰を回す力が弱い人が多いので、腰から早く回るようにして下さい。とにかく素振りで反復練習し、体に染み付かせることが重要です。

いざ打席に入ると『手打ちになってしまい、飛ばない』というケースは、よく聞きます。その対策として挙げられる練習方法は、極端に低いボールを打つ練習です。手打ちになることを直すために、下半身主導のスイングができるようにするわけです。低い球を打つことで、体幹と腕が一体化します。幹と腕の動きが、インパクト付近で一体化した、腰の回転と腕の動作がつながるという感じです。これが、案外難しくて手と足がバラバラになったりします。少年野球でもおへその方向とバットの方向を同じになるようにって言いますが、それと同じことです。

手打ちから、大きな腰の回転パワーを使ったスイングに修正することが可能です。低いボールを打つ打撃練習の場合、どんなボールを、どのように使うか、スタンスはどうすべきかなども必要となります。また、自分の腹がボールの飛行方向に向くようにスィングすることも心がけましょう。タイミングが合わせづらく手打ちになってしまう場合は歩き素振り練習方法が効果的です。

また、下半身の使い方で修正することも可能です。ステップする足の幅が大きい場合、ステップする幅を小さくしてみるなどといった修正です。大きく踏み出すとひざが使えないので腰がうまく回転せず、どうしても手打ちになってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA