インパクトの感覚を覚えるタイヤ打ち練習方法について

固定したタイヤを力いっぱいたたくことでインパクトの感覚を身につける練習方法です。
強いインパクトが出来ているかを確認しながら行います。

腰の回転を利かせずに手打ちになっていると、インパクト時にタイヤに負けてバットがはじき返されてしまうので、
一番力が入るミートポイントをしっかりとらえることが重要です。

q

インパクト時に衝撃に負けないように特に手首を右腕の使い方を覚えよう。
タイヤの代わりにサンドバッグもありますが、同じ効果です。

 ・素振りと違って、バットのインパクトを体感できる  
 ・インパクトの押し込みが強化できる(手首の使い方がわかる) 
 ・立ち位置を変えて、コースを設定して、バットの芯に当てるためのミートポイントを確認できる 

といった効果が期待されます。

この練習で力強いスイングとインパクトが出来るようになります。
昔は結構主流な練習だったんですが最近では珍しくなってきているようですね。

素振りや、置きティーでは、わかりづらい部分が確認することができます。
また、手首を傷めるの裏返しですが、手首の強化にもなるでしょう。 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA