様々な投球への対応

このページでは、様々な投球に対する対応・バッティングの対策について解説しています。
お悩みの内容に合わせてお選びください。

必見!ホームランバッター育成DVD

野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

0325header

7日間で飛距離がグングン伸びる「スラッガー養成プロジェクト」。飛距離がぐんぐん伸びるバッティング法、全身のパワーを無駄なくバットに伝えるグリップ方法など、多くの人々をスラッガーに成長させてきた、長年売れ続けているバッティング上達DVDです。ホームランバッターになりたい人、ホームランをお子様に打たせたいと思っている方にお勧めいたします。

西武黄金時代を支えたスラッガーが教える7日間スラッガー養成プロジェクト

変化球に対応するには/「タメ」の重要性
バッティングで相手のストレートや変化球に対してタイミングを合わせるときは、ストレートに合わせてタイミングを取るのが一般的です。

変化球の打ち方
速球との違いはタイミングの取り方だけです。正しいタイミングの取り方とは???

150kmの速球を打つには?
誰でも速いボールを打つことは大変難しいことと思われています。しかし、工夫をすれば150km/h以上のボールを打つことも不可能ではありません。

バッティングのタイミングの取り方
バッティングの際、タイミングの合わせ方は様々なものがあると思いますが、
基本的には投手が投げる球種でストレートにタイミングを合わせることが多いと言われています。

スローボールの対応
いきなりスローボールを投げられると意外に打ちにくいものです。

狙い球と配球の読み
読み”と”ヤマ”の違いについて触れます。直球を予想して変化球に対応することはさほど難しいことではないようですが、
変化球を予想して直球に対応するのはかなり難しいものです。

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!