ドアスイングの直し方・矯正方法

どうしても野球を始めた頃のバットスイングは、「ドアスイング」という振り方になりがちです。ドアスイングとは、その名の通り、ドアが開くとき、あるいは閉まるときに描く軌道をバットヘッド(バットの先端)がなぞるようなスイングです。

必見!ホームランバッター育成DVD

野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

0325header

7日間で飛距離がグングン伸びる「スラッガー養成プロジェクト」。飛距離がぐんぐん伸びるバッティング法、全身のパワーを無駄なくバットに伝えるグリップ方法など、多くの人々をスラッガーに成長させてきた、長年売れ続けているバッティング上達DVDです。ホームランバッターになりたい人、ホームランをお子様に打たせたいと思っている方にお勧めいたします。

西武黄金時代を支えたスラッガーが教える7日間スラッガー養成プロジェクト

原因はの大半は振り出しのときにバットヘッドが落ちていることです。振り出しの際にバットヘッドが落ちてしまうと、ヘッドはその落ちた場所から円を描くように出していきます。ですから低い状態からのドアスイングになります。

ドアスイングの特徴としては、
・トップから真下にグリップを落とす

・腕を伸ばしながら、身体を独楽の軸のように回転させる

・当たったときは、力強い打球が飛ぶ

・タイミングを外されやすい などがあります。

よく、バットを水平にして後ろに引き、身体ごと回転するような打ち方をするのがドアスイングです。幼いころなどでは一本調子のピッチャーには対応できますし、少々タイミングが狂っても、力で持っていくことができる体の大きな子は「ドアスイングの方が打ちやすい」と感じたりするようです。

ところが、野球を続けていくうちに、高学年、ましてや変化球のある中学になると速球に対応できなくなります。一度ついた癖はなかなか修正できませんし、素振りで身に着けた型なのでそう簡単に矯正できないようです。

ネットをベースの位置に置き、目の前に壁を作ります。普通に打席に入った状態で素振りをしてもらう練習をしてみるとドアスイングの子は、ネットを叩いてしまいますので、すぐに判ります。ネットに当たりたくないと思う子は、外に足を開いて避けようとしますので、まっすぐ踏み出すことも必須条件です。では、目指すスイングとはどのようなものかというと、「グリップ主導型」のスイングです。バットをトップの位置に持って行き、そこからグリップは顔の前(少し下)を通過して身体の前に出て行きます。

バットのヘッドはまだ回り始めていない状態です。よく指導書では「グリップでボールを捉えに行く感覚」と言われる動作です。また振り出しの際にはバットを立てて持たせ、正面にバットを落とすような感覚で縦に振らせる縦振りが良い矯正となります。縦振りとは、テイクバックをとった位置から、バットを落とすように脱力をする振りだし方のことです。スイング速度の向上、ミート力向上、打球の質の向上などの効果もあります。

UNIX(ユニックス) トレーニングバット オーバルグリップ SwingPoint BT81-06

握った瞬間に脇が締まる素振り専用トレーニングバット。グリップが楕円状になっているので、
自然と脇を締めた状態で素振りトレーニングができます。

 
【UNIX(ユニックス) トレーニングバット オーバルグリップ SwingPoint BT81-06】
¥3,480
UNIXトレーニングバットオーバルグリップBT81-06は オーバルグリップなので、 腕が開かず自然に脇が締まるという利点があるので、トレーニングにお勧めのバットです。

 

UNIX(ユニックス) オーバルグリップMeet-Swing一刀流 軟式 BT81-08

脇締めスイングが身に付く!だ円グリップのトレーニングバット。一般的なバットグリップを使用した場合、 意識しないと腕や脇が開いてしまうこともあります。 UNIXトレーニングバットオーバルグリップBT81-08は オーバルグリップなので、腕が開かず自然に脇が締まるという利点があるので、トレーニングにお勧めのバットです。

 
【UNIX(ユニックス) オーバルグリップMeet-Swing一刀流 軟式 BT81-08】
¥2,100
UNIXトレーニングバットオーバルグリップBT81-08は オーバルグリップなので、腕が開かず自然に脇が締まるという利点があるので、トレーニングにお勧めのバットです。

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!