フライとゴロを打ち分けよう/打ち方について

ヒットを打つにこしたことはないのですが、ケースによっては右方向へ打ったりフライやゴロも要求されます。特にヒットエンドランはゴロ、犠牲フライなんかはきちんと確実に外野へフライが打てなきゃ何の意味もありません。基本的にフライを打つには高めのボールを狙い、ゴロは低めのボールを狙います。

必見!ホームランバッター育成DVD

野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

0325header

7日間で飛距離がグングン伸びる「スラッガー養成プロジェクト」。飛距離がぐんぐん伸びるバッティング法、全身のパワーを無駄なくバットに伝えるグリップ方法など、多くの人々をスラッガーに成長させてきた、長年売れ続けているバッティング上達DVDです。ホームランバッターになりたい人、ホームランをお子様に打たせたいと思っている方にお勧めいたします。

西武黄金時代を支えたスラッガーが教える7日間スラッガー養成プロジェクト

■フライの打ち方

バットをボールに当てるだけの手打ちではポップフライになりやすい。腰から捻って腕を振りぬくこと。けしてすくいあげて打ってはならない。またリストをこねないで振りぬくことが大事。バットの芯よりやや上部に当てるのが良い。ダウンスイング気味では打球があがりやすい。

■ゴロの打ち方

低めのボールを狙い、右手をかぶせて(リストを使って)打つとゴロになりやすい。叩きつけようとするとボールの下側をこすってフライになる恐れがある。水平にバットを振ることを心がけること。

■右方向へゴロを打つ

バットの先を遅らせて手より先に出さないようにする。リストを返さないでミートポイントに呼び込んで打つ。意識しすぎてファールにならないように。

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!