フライとゴロを打ち分けよう/打ち方について

ヒットを打つにこしたことはないのですが、ケースによっては右方向へ打ったりフライやゴロも要求されます。特にヒットエンドランはゴロ、犠牲フライなんかはきちんと確実に外野へフライが打てなきゃ何の意味もありません。基本的にフライを打つには高めのボールを狙い、ゴロは低めのボールを狙います。

■フライの打ち方

バットをボールに当てるだけの手打ちではポップフライになりやすい。腰から捻って腕を振りぬくこと。けしてすくいあげて打ってはならない。またリストをこねないで振りぬくことが大事。バットの芯よりやや上部に当てるのが良い。ダウンスイング気味では打球があがりやすい。

■ゴロの打ち方

低めのボールを狙い、右手をかぶせて(リストを使って)打つとゴロになりやすい。叩きつけようとするとボールの下側をこすってフライになる恐れがある。水平にバットを振ることを心がけること。

■右方向へゴロを打つ

バットの先を遅らせて手より先に出さないようにする。リストを返さないでミートポイントに呼び込んで打つ。意識しすぎてファールにならないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA