飛距離を伸ばす方法について

立ち方についてですが、後ろ足はつま先をやや内側にして立ち、体重移動はステップしてスイング始動とともに前足に移動して、前足を軸に回転するイメージです。スイングは右打者なら先に右腕を前腰の回転にあわせて始動させます。

スイングで大事なのは、腰の回転に逆らわないようにし、軟式なら芯を外してバットに乗せる。硬式ならヘッドを走らせ、ボールに回転をかけるといいです。

いかにボールに100%に近い力を伝えることができるかだと思います。次に、背中ですが、背中には力を入れることが重要です。
腰を前に押し出すように力を入れると必然的に背中が伸びてくると思います。必然的にお尻が出てきて、背中が伸びるのです。

次に足の動作ですが、体重移動をさせる際に、足を多少なりとも上げると思うのですが上げる際は、股関節から上げるというイメージよりつま先で地面を蹴るイメージで上げると体重がかかります。上げた足先を曲げて、地面についている足先は普通の状態にしておき、下ろしていくと同時に左右の足先の動作を逆にしていくと、より強い力が込められます。

実際に球をとらえる瞬間も、関節の角度を意識すると確実にボールに負けず、楽な力でボールが飛びます。結局重要なのは腰の回転、下半身の使い方、スイングの早さ、純粋な筋力ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA