良いバッティングと悪いバッティングとは?

バッティング練習や実践でもしっかりバッティングすることは大事。
では良いバッティングとは一体何か??

必見!ホームランバッター育成DVD

野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

0325header

7日間で飛距離がグングン伸びる「スラッガー養成プロジェクト」。飛距離がぐんぐん伸びるバッティング法、全身のパワーを無駄なくバットに伝えるグリップ方法など、多くの人々をスラッガーに成長させてきた、長年売れ続けているバッティング上達DVDです。ホームランバッターになりたい人、ホームランをお子様に打たせたいと思っている方にお勧めいたします。

西武黄金時代を支えたスラッガーが教える7日間スラッガー養成プロジェクト

バッティングフォームやテイクバック、インパクトのタイミングなど色々なところにコツがあると思いますが、良いバッティングというのは、人の筋力バットの重力慣性力をフル活用することです。

逆に悪いバッティングというのは、上記のような力を生かせず、上半身の筋力だけしかボールに伝わらないような打ち方です。

これらの力を使ったスイングが出来るようになると、筋力だけで打つのとは比べ物にならないくらい飛距離が伸びます。 ですが、これらの力をスイングをするためには体全体の捻りを使わなくてはなりません。

ですから、よく下半身が重要だといわれるのは、体全体の絞りを使うためだからなのです。

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!