良いバッティングと悪いバッティングとは?

バッティング練習や実践でもしっかりバッティングすることは大事。
では良いバッティングとは一体何か??

バッティングフォームやテイクバック、インパクトのタイミングなど色々なところにコツがあると思いますが、良いバッティングというのは、人の筋力バットの重力慣性力をフル活用することです。

逆に悪いバッティングというのは、上記のような力を生かせず、上半身の筋力だけしかボールに伝わらないような打ち方です。

これらの力を使ったスイングが出来るようになると、筋力だけで打つのとは比べ物にならないくらい飛距離が伸びます。 ですが、これらの力をスイングをするためには体全体の捻りを使わなくてはなりません。

ですから、よく下半身が重要だといわれるのは、体全体の絞りを使うためだからなのです。

管理人イチオシ!7日間スラッガー養成プロジェクト

元西武ライオンズの黄金時代を支えた、二人のスラッガー、大塚光二と垣内哲也の両氏がホームランを連発できる打者になる為の練習方法を公開。飛距離アップと打率をグングン伸ばすことができる、その驚きのノウハウとは??

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!