良いバッティングと悪いバッティングとは?

バッティング練習や実践でもしっかりバッティングすることは大事。
では良いバッティングとは一体何か??

バッティングフォームやテイクバック、インパクトのタイミングなど色々なところにコツがあると思いますが、良いバッティングというのは、人の筋力バットの重力慣性力をフル活用することです。

逆に悪いバッティングというのは、上記のような力を生かせず、上半身の筋力だけしかボールに伝わらないような打ち方です。

これらの力を使ったスイングが出来るようになると、筋力だけで打つのとは比べ物にならないくらい飛距離が伸びます。 ですが、これらの力をスイングをするためには体全体の捻りを使わなくてはなりません。

ですから、よく下半身が重要だといわれるのは、体全体の絞りを使うためだからなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA