レベルスイングの構え方・レベルスイングについて

レベルスイング(水平打法)は、バッティングのスイングにおいて最も標準的なスイング法です。弱点が少ないスイング方法なので、現在では日本のバッターのほとんどがこのスイングをしています。 トップの位置からバットを振り下ろしボールの軌道に対して水平にバットをスイングしながら押し手側の方の肘を用いて高さやコースの調整をし、インパクトの瞬間はボールの軌道とバットが90度になるようにスイングします。インパクト後は振り上げるようにフォロースルーを行いましょう。

必見!ホームランバッター育成DVD

野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

0325header

7日間で飛距離がグングン伸びる「スラッガー養成プロジェクト」。飛距離がぐんぐん伸びるバッティング法、全身のパワーを無駄なくバットに伝えるグリップ方法など、多くの人々をスラッガーに成長させてきた、長年売れ続けているバッティング上達DVDです。ホームランバッターになりたい人、ホームランをお子様に打たせたいと思っている方にお勧めいたします。

西武黄金時代を支えたスラッガーが教える7日間スラッガー養成プロジェクト

レベルスイングの特徴(メリットとデメリット)

レベルスイングは水平にスイングするため、ボールの真ん中を叩くことが多くなります。そのため、最もヒット性の打球を打ちやすいスイング法と言われています。また、水平にスイングするため、ジャストミートすればライナー性の打球が生まれ、空振りの可能性が低いのでヒットになりやすいのが特徴です。

q

ただし、打球は上記のとおりライナー性の打球になることが多いので、打球が上にあがらず遠くに打球を飛ばすのが困難だという面があるので飛距離はあまり望めないことになります。そのため、メジャーリーガーなどのパワーのある選手と違って、非力の日本人選手に多く採用されています。

レベルスイングは、体全体で振ることを意識して振りぬくことが重要で、ボールを面で捉えるのではなく真芯で捉えることが必要です。とにかく腰を使って腰のラインに沿って、水平に振り抜くことをイメージしましょう。何度も申し上げますが、ライナーになりやすいスイングなので、どちらかと言えば中距離タイプのスイング方です。長距離タイプを目指すのであれば、ダウンスイングやアッパースイング等を極めてみても良いとも言えます。

UNIX(ユニックス) オーバルグリップ 一刀流 BT81-38

刀を握って振り落とす感覚で脇を締めてフルスイングする実打対応のトレーニングバット!UNIX(ユニックス) オーバルグリップ 一刀流 BT81-38はグリップがだ円なので、握った瞬間に自然と脇が締まった状態になるトレーニングがしやすいバットです。また、オーバルグリップなので、通常グリップ使用の際によくある脇や腕が開くことがなく、自然と締まる状態で練習ができるのでレベルスイングが身につきます。

 
q 【UNIX(ユニックス) オーバルグリップ 一刀流 BT81-38】
¥3,500
刀を握って振り落とす感覚で脇を締めてフルスイングする実打対応のトレーニングバット!
shousai

 

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!