バットの選び方

野球を始めると成長に応じて多々バットを購入する場面が多いと思います。また、自分のバッティングの特徴に応じて購入することもあると思いますが、その際は野球の規格に沿った、自分に合うたバットを選んでください。

■バットの長さ
ご自身の選ぶべきバットの長さは、腕の付け根から指先までの長さを測って、その長さに1.3を掛けた数字が目安となります。例えば、腕の長さが60cmであれば、60 x 1.3 = 78cmとなり、78㎝くらいのバットを選べば良いでしょう。

■バットの重さ
バットの先を軽く振って、重さで腕や上半身の筋肉が張るようでしたら、少し軽めのバットを選ぶことが無難でしょう。
ネットショップで買うのでしたら同じ重さのバットを振ってみて、それにあわせて自分に合ったバットを買うことをオススメします。

■グリップの感触
金属製のバットは、グリップを握ったときに自分の手の平の中でしっかりとつかめるものを選びましょう。木製バットを使用する場合は、材質の違いによるしっくり感などを確かめてみましょう。

■バットのタイプ
短めでグリップが太いバットは、スイングをした時に手首が返りにくいので、ミート率が上がりやすいバットです。筋力や握力が少し足りないと思っている人にオススメの短打狙いのバットです。逆にバットが長めでグリップが短ければ、バットのヘッドの遠心力を使って長打が狙いやすいバットです。他に、バットの種類ですが、金属性、ジャラルミン製、カーボン+グラス+ウレタン製、木製などがあります。自分の好みで選択しましょう。最近では、少年野球で木製のバットを使っている選手は殆ど見かけなくなりました。また、軟式、硬式用もあるので間違えないようにしましょう。
金属バットと木製バット 
バットの種類とその特徴

バットは自分の身長や筋力、ご自身のバッティングのタイプから選びましょう。基本的には、身長があって筋力のある選手は長めのバットが合い、ミート中心の短打狙いのバッターは短めでグリップの太いバットが合います。中距離、長距離バッターは長めでグリップが細めのバットが合います。あまりにも重いと感じるバットは購入しないようにしましょう。

また、野球チームの所属している連盟によって、ビヨンドマックスなどが使えない場合があります。
野球の試合使えるものを選びましょう。

管理人イチオシ!7日間スラッガー養成プロジェクト

元西武ライオンズの黄金時代を支えた、二人のスラッガー、大塚光二と垣内哲也の両氏がホームランを連発できる打者になる為の練習方法を公開。飛距離アップと打率をグングン伸ばすことができる、その驚きのノウハウとは??

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!