トップからのフォワードスイングについて

テイクバックからフォワードスイングへの折り返し地点がトップ(頂点)です。速球・変化球を問わず、様々なコースを打つ際にも、いつも同じトップからバットを振り出すことが安定したスイングをすることができます。

必見!ホームランバッター育成DVD

野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

0325header

7日間で飛距離がグングン伸びる「スラッガー養成プロジェクト」。飛距離がぐんぐん伸びるバッティング法、全身のパワーを無駄なくバットに伝えるグリップ方法など、多くの人々をスラッガーに成長させてきた、長年売れ続けているバッティング上達DVDです。ホームランバッターになりたい人、ホームランをお子様に打たせたいと思っている方にお勧めいたします。

西武黄金時代を支えたスラッガーが教える7日間スラッガー養成プロジェクト

●二等辺三角形で安定感を保つ

トップを作る上で心がけることは「頭と両足で二等辺三角形を作る」こと。
これによりく体の軸が地面に対して垂直になることで、どのコースにも対応できるスイングができる。

q

●自分のトップの位置はバスターで知る。

トップの位置は身長や腕の長さによって千差万別。一般的にはトップの位置はバスターでのトップの位置とほぼ同じになりますので、バスターをするとトップはやや前かがみになるので、上体を少し起こした姿勢がが通常のバッティングのトップの形です。

■トップからのフォワードスイング

スイングをする際には腰⇒肩⇒腰⇒バットの順番で回していく。顔の正面を投手に向け、両目で投手のリリースをじっくり見て、右脇があかないようにシャープに振り下ろします。右ひじを胸にぶつけるようにイメージして太ももを左に捻り、左ひざに右膝をぶつけるように始動する。その際には腕とバットの角度を変えず、手の甲が上を向かないようにすることにすることでヘッドが落ちずに安定することができます。

q←腰を捻る際に顔が横を向いていると×

スイングの際には左肘は伸ばして、ややたたんだまま左足や左ひざの足先が投手方向を向かないように始動する。
その際に一瞬タメを作ることでトップから左足の膝が投手方向に動き、腰と上体との動きの時間差により胴体を強く捻られ、スイングの力が生み出される。「タメ」を作り上半身の筋肉を強く捻ることで、大きな力を生み出します。

 

 

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!