テイクバック&ステップについて

テイクバックとは、バットのスイングスピードを速めるために行う腕の動作のことです。一般的にはテイクバックが小さく、フォールスローが大きい選手がホームランバッターだといわれます。テイクバックはバットのグリップを後ろの方向へ引きつけてバットをより早く振れるような体勢に持っていきます。

また、テイクバックを行う際の投手側の脇は少し開け、グリップをリラックスした状態で軽めに握るようにします。、グリップの位置があまり上下に移動しないようにしバットのヘッドを頭上の位置に維持しながら、グリップを上下させないように後ろに引くことがぶれないコツです。

それに対してステップとは、ピッチャーが球を投げる動作をするのに合わせて前足を上げ、スイングを始める際に足を動かす動作のことで、テイクバックと連動して行うことで効果的にスイングスピードを速めることができます。ステップのコツとしては、後ろ足で壁を作っているようなイメージを持ちながら一定の状態を保つように足を上げます。足を上げる際は後ろ足の膝は内側に向けたままて、あまり高く上げ過ぎないようにしましょう。ステップの幅については自分で色々試しながら適切な幅を見つけていくようにしましょう。前足を着地させる時は膝を開かずに適切なステップ幅を取りながら着地させるように心がけてください。

管理人イチオシ!7日間スラッガー養成プロジェクト

元西武ライオンズの黄金時代を支えた、二人のスラッガー、大塚光二と垣内哲也の両氏がホームランを連発できる打者になる為の練習方法を公開。飛距離アップと打率をグングン伸ばすことができる、その驚きのノウハウとは??

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!