テイクバック&ステップについて

テイクバックとは、バットのスイングスピードを速めるために行う腕の動作のことです。一般的にはテイクバックが小さく、フォールスローが大きい選手がホームランバッターだといわれます。テイクバックはバットのグリップを後ろの方向へ引きつけてバットをより早く振れるような体勢に持っていきます。

また、テイクバックを行う際の投手側の脇は少し開け、グリップをリラックスした状態で軽めに握るようにします。、グリップの位置があまり上下に移動しないようにしバットのヘッドを頭上の位置に維持しながら、グリップを上下させないように後ろに引くことがぶれないコツです。

それに対してステップとは、ピッチャーが球を投げる動作をするのに合わせて前足を上げ、スイングを始める際に足を動かす動作のことで、テイクバックと連動して行うことで効果的にスイングスピードを速めることができます。ステップのコツとしては、後ろ足で壁を作っているようなイメージを持ちながら一定の状態を保つように足を上げます。足を上げる際は後ろ足の膝は内側に向けたままて、あまり高く上げ過ぎないようにしましょう。ステップの幅については自分で色々試しながら適切な幅を見つけていくようにしましょう。前足を着地させる時は膝を開かずに適切なステップ幅を取りながら着地させるように心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA