バットの構えについて 良い構えとは?リラックスの重要性

何気なくバットを構えている人も多いとは思いますが、バッティングの際にフォームの形はとても重要です。バッティングは少しでも構えが悪いと余計な力が入ったりし動作がぎこちないものになってしまいます。そのため、全身をリラックスしてバットを構える必要があります。

バットを握る際には両手とも親指と人さし指の力を抜き、小指と薬指でバットがふらつかない程度の力で支えます。中指は小指と薬指の握り方にまかせ、小指と薬指もやや軽めに握ります。下半身の体重のかけ方ですが、つま先は開き気味の状態で、つま先寄りに体重を掛け両足に均等に力がかかるようすることでうまく体重移動ができます。

必見!ホームランバッター育成DVD

野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

0325header

7日間で飛距離がグングン伸びる「スラッガー養成プロジェクト」。飛距離がぐんぐん伸びるバッティング法、全身のパワーを無駄なくバットに伝えるグリップ方法など、多くの人々をスラッガーに成長させてきた、長年売れ続けているバッティング上達DVDです。ホームランバッターになりたい人、ホームランをお子様に打たせたいと思っている方にお勧めいたします。

西武黄金時代を支えたスラッガーが教える7日間スラッガー養成プロジェクト

さらにバッティングにおいて、適度にリラックスした状態を保つことはとても重要です。いまではこのリラックスという言葉がスポーツにはつきものになっていますね。身体のどこかに必要以上の力が入ると、力を適度に抜くことが難しくなってしまい、体が思った通りに動いてくれず、動作が遅くなったぎこちなくなってしまいます。

特にピッチャーに向けている肩は上がりすぎても下がりすぎてもいけません。肩が上がりすぎると、軸足に体重が乗り過ぎるため重心の移動が上手く行かず、身体に余計な力が加わってしまいます。 逆に肩が下がりすぎると、肩周辺の筋肉に必要以上の力が加わるため動きが重くなってしまいまうのでご注意を。しっかり鏡を見ながらフォームをチェックしましょう。

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!