CATEGORY バッティングフォーム一覧

ノーステップ打法について

2010年、T-岡田は大飛躍の年でした。彼のバッティングの一番の特徴と言えば「ノーステップ打法」ですね。最近では松中選手なども取り入れています。5月から取り組み始めた「ノーステップ打法」、構えの段階から両足を広げて重心を…

ツイスト打法について解説

ツイスト打法の理論は引き戸を開ける時、腕を動かす方向とは逆に下半身が回転することから、このようにツイストさせる方が力が引き出せるというもの。「投手寄りの足をスイング方向と逆方向に絞り、それをきっかけに右半身を回して全身(…

シンクロ打法について解説

シンクロ打法とは、手塚一志によって提唱された打法で、投手と重心の上下動を同調させる事でタイミングを計るバッティングモーションの一部。最近で有名なのは高橋由伸選手です。シンクロ打法を発見したきっかけは、江藤選手ががフリーバ…

広角打法について解説

センター返し、引っ張り、流し打ちをバランスよく持ち合わせ、打球方向に偏りが無い高度な打撃技術は広角打法と呼ばれます広角打法は、レフト・左中間・センター・右中間・ライトに満遍なく打てる(広角に打てる)選手の代名詞的に使われ…

うねり打法の構え方・打ち方について

うねり打法は、田淵幸一らにによって提唱された打法。スパイクシューズの軸足内かかと部分の歯を地面に食い込ませ、地面からの反力を利用して振り出す。「後ろ側の脚(右打者なら右足)の”かかとの内側”(うちかかと)で地面を押しつけ…

すり足打法の構え方・打ち方について

剣道のすり足の様に足をバッターボックスですりながらトップを作り、引きつけ始動しスイングを行うという打法。 最近では日ハムの中田翔がこの打法をとりいれ、メジャーでのイチローはほぼこの打法で打っている。

振り子打法の構え方・打ち方について

その名のとおり、振り子のように足を動かしてスイングする打法です。投手が投げる前、投手側の足を上げて捕手側にスライドさせ、投球のタイミングに合わせて足を投手側に踏み込んでスイングします。足がかえって行く反動を利用しながスイ…

一本足打法の構え方・打ち方について

もはや王貞治さんの代名詞ともいえる、投球フォームに合わせて、投手側の足を高く上げる打法です。別名フラミンゴ打法ともいわれ、ボールを手元まで引きつけたり、打つタイミングを取りやすくなるというメリットがある一方、下半身への負…

神主打法の構え方・打ち方について

神主打法とは全身をリラックスさせた状態で構えで、スイングの瞬間に全身の筋肉を動かすことでより大きな力を発揮するという理論に基づく打法です。スクエアスタンスで、バットを体の横、あるいは体の正面でゆったりと構える。名前のとお…